不用品回収見積り固定バナー

不用品の処分方法特集 プロが徹底解説

ベッドの処分方法|手放し方、捨て方をプロが徹底解説

ベッドの処分方法

毎日の疲れを癒やしてくれるベッド。
こちらはどのご家庭にも一台以上のベッドがあるのではないでしょうか。

ここでは、中古品販売業者として、様々なメーカー、家具屋さんが取り扱いをしたベッドをリユース販売してきたリサイクルショップとして。
また、使い古され、手放されるベッドの不用品を買取・回収してきた不用品回収業者として。

そんな経験豊富な私たちが、プロ目線でベッドの処分方法を徹底解説します!

<< このページの目次 >>

ベッドマットは適正処理困難物?

ベッドを手放す、処分する方法を説明する前に、まずは廃棄に出したベッドがどのような方法で廃棄物処理されるかを把握しておくと、この先の話しの理解が深まります。

ベッドはベッドフレーム、ベッドマットレスに分けることができるのはご存じだと思います。
このベッドマットレスがなかなかのくせ者なのです。

マットレスの処分方法

マットレスの生地の中には、鉄のスプリングが入っているですが、私たちが処分した後は、このマットレスの生地と鉄のスプリングをわけ、生地は焼却、鉄のスプリングはリサイクルとして処理されています。

ただ、この生地とスプリングをわけるという作業・・・。これがものすごい大変な作業なのです。
あなたのお住まいの市区町村も、廃棄物業者も、やり方は同じなのですが、そこで働いている作業員の方がマットレスの生地を人力ではいでいるのです。これ、かなりの手間がかかり、かなりの重労働です。

こういったことから、お住まいの市区町村に粗大ゴミ処分する場合でも、ベッドマットレスだけが別口の料金設定であったり、金額が他の粗大ごみより高い場合があるのです。
無論、民間の廃棄物業者でも別口で処分価格を設定していることが多いのが現状です。

廃スプリングマットレスは適正処理困難物

適正に廃棄物処理することが困難ということから、廃スプリングマットレスは、廃棄物処理法で適正処理困難物に指定されています。

ベッドが不用になったら、リサイクルショップに買取してもらえるかを検討する。

現在使用している段階ではベッドの処分方法などを考えることはないとおもいます。ただ、

引っ越しでベッドが不用になった

引っ越しでベッドを処分する

購入後数年たち、急な引っ越しをすることになり、新居にベッドを持って行こうか迷っていたのですが、持っていくのも大変だし、設置スペースも無いので処分をすることにしました。
彼と同棲をすることになったので、ベッドがひとつ不要になるんです。

ダブルベッドが不用になった

結婚しダブルベッドを購入したが、子供が産まれダブルベッドからの転落防止のため、ベッドを処分することになった。

その他、マットレスにへたりなどができ、買い替えることになったなど、そんな時あなたはベッドを解体し、行政の粗大ゴミ処分に申し込み、外へ搬出できますか?

こんな時に便利なのが、リサイクルショップの提供している出張買取サービスを検討してみましょう。
あなた自身の労力や処分料がかかることはなく、逆にもしかしたら買取対応で少しお金がもらえるかもしれません。

リサイクルショップは必ずベッドを引き取ってくれるのか?

ただ、ここにも少し注意が必要です。
というのも、リサイクルショップでは陳列スペースを大きくとるベッドを取り扱わないショップが多いのです。

私たちコスモスペースでは、ベッドの買取・販売を行っておりますが、本当極稀なタイプなのです。
コスモスペース近隣にお住まいであれば当店に申し込みで良いのですが、遠方地域の場合は最寄りのリサイクルショップで確認をしてみてください。

買取不可の場合自身で処分をする

リサイクルショップの出張買取サービスで断られてしまうと、後はご自身で処分・処分の手配をすることになります。

安く捨てられる行政の粗大ゴミを検討する。

なんと言っても安く捨てられるのが、お住まいの市区町村が行っている粗大ゴミ処分です。
こちらは事前に予約をし、指定の収集日までにベッドを解体、ご自身で外に搬出する必要がありますが、民間の会社に依頼するよりもかなり安く捨てることができます。

労力をかけたくないなら不用品回収業者を検討する

不用品回収業者のベッド回収

お部屋の中での解体作業から、搬出、解体までを一貫しておこなってくれるのが不用品回収業者です。
こちらはあなた自身の手間は減りますが、行政の粗大ごみ処分よりも高くつきます。
ただ、時間が無い、自分で解体や運び出しができない場合は検討の余地はあります。

ベッドを処分する際のポイント

何度も頼むものではないベッドの粗大ゴミ処分。 こんなときに買取業者・行政の粗大ゴミ処分・不用品回収業者などを検討するのですが、粗大ゴミ処分で対応できない場合、どんな買取業者や不用品回収業者を選ぶのかわからないものです。中には、

不用品回収の悪徳業者には注意

  • 無料回収というので依頼をしたら、なんだかんだ理由をつけて料金を請求された。
  • 自宅から荷物を運び出し、トラックに積む段階で見積もり段階で記載のなかった搬出料金や運搬料を高額請求された。
  • 請求を断ると自宅へ戻す作業も別料金と言われた。
  • 事前見積もりをしたのに、当日になって手数料が上乗せされた。
不用品悪徳業者

などの悪徳業者もいます。

こういった別途料金の料金体型があることは良くあるのですが、こういった場合はお見積りの段階で話があるものです。
この、後から請求で逃げ場の無い状況を作るのは許せない行為です。

適正業者でもタイプにより価格が大きく変わる

悪徳業者でなく、適正運営されている不用品回収業者でも回収料金は大きく変わります。
もちろん回収相場というものがありますが、その不用品回収業者が回収した後に、回収したベッドをどうやって処理しているかが関わってきます。

回収後のベッドはどうやって処理されている?

ベッドの買取と回収
1廃棄物として処理されている。
2中古品販売店に持ち込まれる。
3中古品売買の古物市場に持ち込まれる。
4海外リユースで輸出される。
5インターネット販売などでリユースされる。
6店舗販売などでリユースされる。

あなたが回収してもらったベッドは上記のような形でリユースされることが多いのですが、1番項が不用品回収業者自身が最も費用がかかるもので、5番項にいくにつれて費用が減少、もしくはリユースするので利益を作っていきます。
その為、回収業者がその後そのベッドをどうやって処理するかによって、あなたに請求してくる請求金額が変わります。

ベッドをリユースする不用品回収業者を選定する。

ということは、店舗販売やインターネット販売を手がけている不用品回収業者を中心に業者選びをすると、あなたのベッドの処分費は削減することができますね。
また、店舗販売をしている不用品回収業者は、実店舗があることから、しっかり運営をしているとも言えるので、悪徳業者では無いとも言えます。

ベッドの処分方法まとめ

いかがでしょうか?
長文で長々と書かせてもらいましたが、

  • ベッド(ベッドマットレス)の性質・ごみとしての扱い
  • 再使用できるならリサイクルショップなどの買取業者
  • 費用を抑えたいなら行政の粗大ごみ処分
  • ご自身で対応できないなら便利な不用品回収サービス
  • 不用品回収業者はベッドをその後どうやって処理しているかによって費用負担が変わる

など、このあたりを考えて処分方法を検討すると、損をすることなく、ましては騙されることがなく手放すことができるかと思います。

コスモスペースでもベッドの買取・不用品回収を行っています。

埼玉県・東京都のコスモスペース店舗から伺える距離であれば、当店でも買取や不用品回収の対応が可能です。

不用品の回収、粗大ごみ処分、遺品整理、お部屋のお片付けはこちらから
写真を送ってお見積り

処分方法特集 関連記事

ベッドを含んだ不用品回収 買取・回収実績

買取のご案内はこちらから

  • 店頭買取はこちら
  • 出張買取はこちら

コスモスペースでは買取のできる年齢を20歳以上とさせていただいております。
20歳未満の方は保護者同伴でなければ買取ができませんので予めご了承ください。

買取・不用品回収のごお問い合わせはこちらから

  • 写真で買取判断
  • 写真で不用品回収見積り

不用品回収の総合案内ページ

不用品の回収、粗大ごみ処分、遺品整理、お部屋のお片付けはこちらから

店舗案内